物理療法機器

  • 物理療法各種   施術を受けた方は無料 で利用できます。

当院の物理療法機器を少しご紹介します。

1.多重干渉波治療器オージートロンEF-250

スタッフ
  •  
  •  

2.マイクロ波治療器エモシア650


3・ローラー治療器 フロンティア F-250


4・遠赤外線治療器 cerapia3300

赤外線の温熱効果により毛細血管流量が増大、さらに発汗作用もあります。
遠赤外線治療器 セラピア3300使用例
電気治療や鍼治療などを行う際の前処理として危険性が小さく患部を温めることで更に電流が流れやすくなり、血流の改善するなど相乗効果も高まる「セラピア3300」は設定温度まで最速約30秒で加熱するため効率よく治療出来ます。
遠赤外線領域の波長で、体の深部まで温めます。
深部まで温めることで長い保温効果が期待できます。
神経痛や筋肉痛、関節リウマチ、リラックス効果、血流改善に効果的です
遠赤外線の特徴 人体に非常に吸収されやすい波長の温熱エネルギーであり空気による減衰も少なく皮膚の真皮まで温熱エネルギーが達します。毛細血管、汗腺、皮脂腺、皮下脂肪層への熱伝導が行われ温熱が体の奥までじんわり浸透します。
血行改善、筋緊張の緩和、疼痛の軽減、
自律神経の調整、その他に効果があります


5・ドクターメドマーDX6000

空気室をオーバーラップさせてあり、揉み残 し部位のないマッサージが行えます。
また、圧力センサーによる制御で、脚の太さには関係なく一定の加圧力で心地よいマッサージが行えます。コースモードを新たに追加しマッサージモードは4モードから選択が可能になりました。また、抗菌生地を採用し衛生面の配慮を行いました。

揉み残し部位のないオーバーラップ機能

効果・効能
血行促進
疲労回復
筋肉の疲れをとる
筋肉のコリをほぐす
神経痛、筋肉痛の緩解ショートブーツは、膝の圧迫を避ける目的に使用してください。
かるいむくみや静脈瘤・血栓症・冷え性・筋肉疲労などに有効です.。


 

6・超音波治療器   

ULTRASOUNDイト-US-7P (株) 伊藤超音波


超音波の治療器です。1秒間に1万8千回以上の振動エネルギーを直接皮下9cmもの深部まで到達させられる温熱作用(慢性疾患に適している)・音圧作用(急性疾患に適している)の2つの作用により、鎮痛と病変組織の治療の効果を兼ね備えてます

超音波療法 ULTRASOUND []超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で、温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を温めることができます。
ホットパックや遠赤外線での伝導加温では、体表面でエネルギーが消費されてしまい、体の深部まで温めることはできません。

効果
疼痛の緩和、慢性期捻挫や肉離れの改善、慢性痛、拘縮改善、腱損傷改善

1秒間に1万8千回以上の振動エネルギーを直接皮下9cmもの
深部まで到達させられる温熱作用(慢性疾患に適している)
・音圧作用(急性疾患に適している)の2つの作用により、
鎮痛と病変組織の治療の効果を兼ね備えてます。



  • 7・鍼電極低周波治療器 オームパルサーLFP-4000A
  •  
  •  
  • ソフトな刺激のパルス治療器で低価格※非対称両極パルス波とは、両極パルス波のバランスにより鍼の電食を抑え、経皮への刺激を抑える効果があるとされています。)
    パルス幅 のこだわり。S-D曲線(強さ時間曲線)から、筋収縮に必要な運動神経レベルの刺激強度の選択領域が最も大きく使いやすいパルス幅を選択。鍼通電としての安全性、ソフトな刺激にこだわりました。
  •  
  • 効果
  • 身体に針電極を挿入して神経及び筋を刺激し、鎮痛又は筋萎縮改善や活動性の低下した筋肉へ電気信号のパルスにより再活性化をはかる。こわばった筋肉への血流改善、その他さまざまな効果が報告されています。